引きこもりのあれこれ

引きこもりニートの日常や頭の中のあれやこれやを書いています

ネットも現実も年下が増えていく

家にずっとこもってるとね、私はいつまでも中学生のままでいられるの。
でも、外に出たとたんにね、自分の年齢がぐわっと押し寄せてきて、急速に中学生ではいられなくなるの。ひきこもってる間にも確実に私は歳をとっていたんだ、もう子供じゃないんだと思い知らされます



ネットもそう。

数年前、ブログを書いていたひきこもりは年上が多くて。その存在に安心しては「私はまだ20歳だし」って、余裕の言葉を吐いていました。


でも気付けば、私より年下の引きこもりがポツポツ増えてきて。
当時私を癒した、あのおじさん達はどこにいってしまったのか。私が年下達に見下されて安心感を与える日が来るのも近いかもしれません。
入れ替わりが早いし、私はネットでさえ歳から逃げられないのね。



10代や20歳そこそこでひきこもってる子達を意識しだした最近は、若さに嫉妬して「もったいないな」ってつい吐く癖がつきました。
当時の私も動けなかったくせにえらそーだね。


私より年上の方達に言わせれば、私もまだ「もったいない」部類で、「若さを無駄にしてる」って言ってくれるのでしょうか。まだ若いんだからって叱ってくれるのでしょうか。



今年もまた歳をとります。
30歳になるまでにどうにかなりたいの。
もし、状況が何も変わっていなかったら「逆にすごいね」って褒めたあと、私もぶら下がってどこかにいきたいです。手元になにもない希望もない、そんな寂しい歳のとり方をしてまで生きていたいとは思えない私です。



こんな記事には、コメントこないの私知ってるよ。
読む気が失せて、みんな離れていっちゃうのも知ってるよ。


でも今は、心に雨を降らせているのが心地良いです
落ち込んでたり、しんみりしたい気分でもないです
私の心はいたって平常。ただ前向きこまちゃんを少しお休みしただけ。