引きこもりのあれこれ

引きこもりニートの日常や頭の中のあれやこれやを書いています

ひきこもりだから成人式にはいかない

今日は1月11日(月曜日)

 

そう

毎年1月の第二月曜日は「成人の日」ですね。今日です今日!

成人になられた方、おめでとうございます

「大人になったことを自覚し、自分自身で生き抜こうとする青年を祝い励ます」

趣旨で行われる成人の日。

 

私の成人式はもう数年前のことですが、当時からひきこもりがちで

同級生で親しい人もいませんでしたし、お外に出る気力もなかったので成人式に参加しませんでした。

 

中学時代は不登校・高校時代は中退していたので、正直同級生に会いたくなかったんです。惨めな気持ちになりたくなかったんです。

精一杯の私を守る方法。

 

成人式の日、普段話しかけてこない母が珍しく

「成人式はいきなさい逃げるな!今逃げたら一生逃げの人生になるぞ!」

と怒鳴っていたのですが・・・

「これでいい。これが正しいんだ」

と、布団に包まってブツブツ言いながら夜が来るのをひたすら待っていました。

なぜだろう。あの時、涙が溢れて仕方なかったなぁ・・・

 

夜、成人式が終わったということもあり、自分の気持ちが落ち着いた私は

気を紛らわせるためネットの海をさまよって、気がつくと同級生のツイッターの前にいました。

 

前から知ってたの。フォローはしてない。

たまにストーカーのように覗いてたその子のツイートの中には、

華やかな振袖姿の同級生達が笑顔で寄り添う写真数枚。

 

私は絶句したよ。昼間枯れたはずの涙がまた溢れて、えづいてしまったよ。

 

 

成人式は「大人になったことを自覚し、自分自身で生き抜こうとする青年を祝い励ます」趣旨で行われるもの。

だからか・・・

だから私はまだ大人になれずうだうだと過去に縛られひきこもってるのか。

 

きちんと参加して区切りをつけておけば、今頃はもうすこしマシな人生が送れたのかもしれないと「もしももしも」と仮の姿ばかり考えてしまいます。

 

 

もし成人式を今後迎える方で、ひきこもってたりで行くのを躊躇ってる人には

「後悔しない選択を」と言いたいです。

行きたくないなら無理して行かなくていいと私は思います。

 

ただ、今は行きたくないと思っていても、将来きっと「もしも行っていたら・・・」と想像するするときがあると思うんです。

その時に、後悔しないようにね。私は後悔してずっと前進出来ずにいるよ。

 

成人式に行く価値はないと言われがちですが

ひとつの区切り・ケジメだったり、親へ向けた小さな親孝行なんだと思います。

振袖着たかったな。母に振袖姿を見せられなかったのがとても心苦しい。

 

 

母の言う通りだね、あれから私は逃げの人生になってしまったよ。

正しい道に戻すのは難しいね。

広告を非表示にする